子どもたちを守る貸切バス

子どもたちを守る貸切バス

子どもたちを守る貸切バス 修学旅行や合宿といった学校の行事に対して貸切バスを使うことは多いと思います。
これはとても理にかなった方法です。
子どもは高校生でも小学校1年生でも、学校の外に出るというのは非日常なので、とてもうきうきそわそわとして、普段ではしないような行動をとってしまうものです。

もし一般のお客さんと一緒のバスや電車を使用したとしたら、楽しそうにしている子たちを見て、快く思わない人も出てきてしまうかもしれません。
公共の場ではいくら騒いではいけないと知っていたとしても、友達と出かけるというのは、どうしても気が大きくなってしまいます。
そして校外学習というのは、それだけで子どもたちにとって、とても興奮する行事なのです。

一般客とのトラブルを避けるためにも貸切バスは必要です。
また、子どもの安全という面からみても、一般の方とは離しておくべきでしょう。

貸切バスの場合は、車内は全てが子どもなので人数確認もしやすいですし、子どもたちにとって危険な人が紛れ込むというリスクも減らせます。
また荷物を紛失する心配も減るでしょうし、一人で25人から40人近い生徒を見なくてはいけない先生からしても、一般の方に気を使わなくていいというのはありがたいと思います。

最新のお知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。